忍者ブログ

ペット 火葬

個別火葬の場合は、ペットといえども人間の場合とほぼ変わりありません。 火葬業者によって料金が異なるペット火葬に関しては、事前に必ず料金の確認をしておくようにしましょう。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペット火葬に関するアドバイス

ペット火葬に関するアドバイス
ペットを火葬する際に、一番悩まれるのは業者選びではないでしょうか。
最近では、亡くなったペットを家族と同じように見送りたいと考えている方が増えているようです。
ペット火葬にも様々な種類があり、個別火葬・合同火葬・訪問火葬車による火葬などがあります。
ペットが亡くなって火葬する場合に、一番気になるのは料金ではないでしょうか。
初めてのことであればなおさら、相場がいくらくらいになるのかもわかりにくいものです。
ほとんどの業者は、365日・24時間ペット火葬の受付をしています。
・個別火葬
・合同火葬
・自宅葬
・立会い葬   などがあります。


葬儀の内容が決まったら、次に火葬業者を探します。
まずは、複数のペット火葬業者を比較してみるということが大切です。
初めてペットが亡くなった場合には、一度にたくさんのことを考えるというのは難しいかもしれません。
ペットを飼っている方は、事前に相場がいくらくらいかかるものなのかを調べておくと良いのではないでしょうか。

・・・・
 


<スポンサードリンク>

PR

ペット火葬業者

前節で述べたようにペット火葬にも様々な種類があるので、費用なども考えた上でよく検討してみて下さい。
ペットが亡くなった場合に、どのような葬儀をしたいのかを明確にしておきましょう。
夜間の受付であれば、やはり料金も高くなるというものです。
ペットの火葬方法や、サービス内容・火葬から納骨までの流れなど事前に確認しておくことが大切です。
ペット火葬業者も年々増加しており、中には悪質な業者もいるようなので見極めが難しいところでもあります。
高額な位牌の購入を迫られたり追加料金の支払いを要求されたりする場合もあるので注意が必要です。
インターネット上では、様々なペット火葬業者が料金を明示しています。
悪質な業者に大切なペットの遺体を粗末に扱われたり、思い通りの葬儀が出来なかったと悔やまれることも少なくないようです。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。  

こうしたことが無いようにペット火葬業者は、慎重に選びたいものです。
ペットが亡くなったからといってすぐに火葬が必要な訳ではないので、2~3日は家族の側に置いた上でゆっくりと考えるようにして下さい。

・・・・


<スポンサードリンク>

ペットの火葬 それぞれの種類


ペット火葬についてもうすこしくわしく説明するとしましょう。
・個別火葬の場合

料金も割高になってしまいます。
一匹ごとに火葬されるので、立会い火葬や火葬後の遺骨を拾い骨壷に収めることまで可能です。
骨壷や立会い費などが、火葬代とは別に設定されている業者もあるので気をつけましょう。


・合同火葬の場合
他の家族のペットと一緒に何匹か揃って火葬されることを言います。
この場合は比較的料金は割安になりますが、火葬後の遺骨を持ち帰ることは出来ません。
全てを一任する形になるので、火葬後の遺骨がどういった形で埋葬されるのかをきちんと確認しておくことが大切です。

・訪問火葬
自宅で見送ってあげたいと考える方には最適な方法で自宅の駐車場などで火葬を行ってくれるペット火葬のことを指します。

個別火葬の場合は、ペットといえども人間の場合とほぼ変わりありません。
火葬業者によって料金が異なるペット火葬に関しては、事前に必ず料金の確認をしておくようにしましょう。


・・・・
 


<スポンサードリンク>

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
CEMETPET
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- ペット 火葬 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]